アメリカ旅行用に、TSA搭載のスーツケースベルトを購入

Posted by ayan at 14-08-02

»» Comments(0) 

 

TSAロック付スーツケースベルト

ご存知のように、現在、アメリカに渡航する場合は、危険物検査のために、荷物(スーツケース等)を預ける場合、開錠した状態で荷物を預けなければなりません。(鍵をかけて預けると、万が一中身を検査する必要があると判断された場合、鍵やスーツケース自体を破壊されてしまうそうです。)

しかし、TSロック搭載のスーツケースなら、万が一中身の検査をされる場合でも、TSA職員がスペシャルツールでTSAロックを開錠し、検査後は再び施錠されて戻されるので、破壊の心配がありません。ということで、アメリカに旅行するのであれば、TSAロック搭載スーツケースを用意するのが望ましいのですが、すでに(TSAの搭載されていない)スーツケース持っている場合、新たに買い替えるのももったいないですよね。


わが家には大きいスーツケースが2個あるのですが、そのうち1個は古くてTSAロック対応ではありません。今回アメリカへ行きますが、新たにTSAロック対応のスーツケースを買い替えるのも出費だし、置き場所もないし・・・ということで、TSAロック付きスーツケース用ベルトを購入。698円(税込、送料込み)でした♪

TSAロック搭載スーツケースベルト

私はピンク×ストライプという柄を選びましたが、他にもいろんなカラー・デザインがありました。

すべてのスーツケースに対応、これ1本でTSAスーツケースに

同時多発テロ以降アメリカ国内の空港での荷物のチェック体制が厳しくなり、通常のスーツケースの場合、カギを開けた状態で預ける必要があります。
もし、カギをかけた状態で預けると検査の際にカギやスーツケースを壊して検査される恐れもあります。また、カギを開けた状態でも盗難や輸送中にスーツケースが開いてしまうそんな恐れもあります。
しかし、TSAロック搭載のケースベルトを使用すると、空港の信頼されたTSA職員のみが持つ特殊ツールにて開錠・検査されるので、ケースのカギを開けた状態でもベルトでしっかり施錠できるので安心して預けることが可能です。

スーツケース外寸:約108cm~182cmまで対応(市販のスーツケースにはほぼ対応します。
ベルト幅:約49mm


まぁ、最悪のケースを想定すれば、ベルトを(刃物等で)切られてしまえばロックの意味をなさなくなりますが、施錠せず預けることを思えばはるかに安心です♪

▼私が購入したのはこちら


▼こんなカワイイ柄も!

TSA搭載スーツケースを持っている方が、用心のため(ダブルロックするため)、さらにTSAロック搭載スーツケースベルトを購入して使うケースも多いようです。


▼ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

スポンサーリンク



 このエントリーをはてなブックマークに追加   



小学生と行く!親子で短期ホームステイ TOPへ戻る

ホームステイ準備編の最新記事5件

 ⇒カテゴリー記事一覧 ホームステイ準備編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

プロフィール

管理人ayanイラスト画像こんにちは、管理人のayanです。
愛知県在住のフリーランス主婦。夫、小学生の長女と次女、猫3匹と古い一戸建て住宅で暮らしています。
2014年夏にアメリカに親子ホームステイに行ってきました。

記事数 : 46 / コメント数: 16


わらしべ暮らしのブログというライフスタイルブログ、年子姉妹とたのしむ育児という子育てブログも運営中。

カテゴリ

月別アーカイブ

Facebookページはこちら