ホストファミリーのお家に到着。ツリーハウス、スモア(S’more)

Posted by ayan at 14-10-01

»» Comments(0) 

 

アメリカ 道路

デルタ航空便に搭乗し、成田からポートランド経由でスポケーンへ到着したあと、スーツケースを受け鳥、空港まで車で迎えに来てくれたホストファミリーと対面!
妹(meg)はホストマザーDianaの長年のペンパルである上、彼らがドイツに住んでいるときに一度会いに行っているので、今回が2度目の対面だったわけですが、meg以外の全員(私と子どもたち)はもちろん初対面です。
私たちは大人2人+子ども4人の総勢6名(プラス、スーツケースも計4個!)だったのですが、DianaとKyle(Dianaの旦那さん/ホストファザー)がそれぞれ車を運転してきてくれたので、2台に分かれて、問題なく乗ることができました。

ホストファミリー宅

到着したのは、閑静な住宅街の中の白いお家。最初は平屋(一階建て)なのかな?と思ったのですが、中を案内してもらうと、地下(ベースメント)フロアのあるお家ということがわかりました。ベースメントには窓がなく、若干空気がひんやりしていることをのぞけば、二階建てとほとんど変わらない感じでした。
(彼らの家だけでなく、このあたりの住宅街はみんなそういうお家のようです。)

リビングでお土産を広げて渡し(みんな喜んでくれましたが、中でも小学生の二人の男の子たちはポケモングッズやONE PIECEのキャラクターカードなどに大喜びしてくれました♪)、私たちが寝る部屋にそれぞれ案内してもらい、取り急ぎ荷物を片付けると、子どもたちは早くもバックヤードで遊び始めました。

ツリーハウス

手入れされた芝生の(家の前の)庭とは別に、家の裏にはツリーハウスのようなもののあるバックヤードがありました。子どもたちが泥遊びできるスペースもあって、小さな庭しかない日本の家に住んでいる私たちから見ると、羨ましくなってしまうような環境!
ホースで水を流し、子どもたちは泥でお城を作ったり、ダムを作ったり・・・言葉は通じないのに楽しそうに遊んでいました。あ、でも、ホストファミリーの次男Lianが「僕のお城(castle)を壊さないで!」と言っているのに、甥っ子がその意味が分からず手を伸ばすので、軽いケンカになりかけましたが・・・(^^;

裏庭で泥遊び&遊具遊び

その後、Kyle(ホストファザー)が子どもたちを見ておくからと言ってくれたので、Dianaとmegと私の女3人で近くのモールへお買い物へ。私が外国のスーパーマーケットへ行ってあれこれ見るのが好きなので、このときは食品とサンダル(というかゴム草履)しか買わなかったのですが、それでも楽しい時間を過ごせました♪


バーベキューグリル

「今日は長い一日だったから、夕食は簡単に済ませて早く寝ましょ」というDianaの提案で、夜はバックヤードのアウトドアグリルでミートパティとソーセージを焼き、ハンバーガー&ホットドッグを作って食べました。彼らにとっては簡単に作れる軽食といったところでしょうが、私たちにしてみれば「お家のバックヤードでミートパティを焼いて、ハンバーガーを作って食べる」なんて、ワクワクの体験!


ハンバーガー

思い思いに野菜やチーズ、調味料といっしょにパンにはさんで、かぶりつきました。Ericが小学生なのにこれでもか!というほどマスタードをかけていたのにビックリ。


スモア体験

ハンバーガーとホットドッグでお腹がいっぱいになるころには、外も暗くなってきました。せっかくアメリカに来たのだから、アメリカのアウトドアの定番「スモア」をしようとい、Kyleがバックヤードのファイヤープレイス(っていうのかな?)に火をおこしてくれました。スモアは、マシュマロを火であぶって溶かして、板チョコとともにグラハムクラッカーに挟んだスナックで、アメリカのアウトドアの定番だそうです。スーパーのお菓子でも「クッキー&クリーム味」や「ストロベリー味」に混ざって、「スモア(S’more)味」なんてのがあるくらい。

Smore (#0276)
Smore (#0276) / regan76


Kyleに、「Can I Have Some More S’mores?」(もう少しスモアもらえる?)というダジャレ?も教えてもらいました。「some more」と「s’more」がかけてある・・・というのに気づくまでに、ちょっと時間がかかってしまった私。(笑)


スモア

スモア自体は、おいしかったけれど、かなり甘かったです。スモアを食べることより、マシュマロを炙って溶かすほうが楽しくなってしまった子どもたち。^^;

ちなみに、上写真で左奥に写っている青い光は、次男Lianがスティック状の光るおもちゃを振り回して、ジェダイの騎士ゴッコ(?)をしているところです。(笑)

猫

ホストファミリーの飼い猫Cottonはダースベイダーのチャームのついた首輪をしたいたから、きっと家族そろってスターウォーズファンなんだろうなと思いました。
(上写真ではちょっとわかりづらいですけど。)

このCottonは、ふわふわの毛並みがCotton(綿花)のようだとい理由で名づけられたそうですが、とても人懐っこい猫で、私たちにもすぐに近寄ってきてくれました。

P8240107

眠る次女の横で丸くなるCotton(カワイイ!)
時差のせいもあり、長い一日だったけれど、すごく楽しい日でした。トラベラーズノートを書きたかったけれど、眠気に打ち勝てず、私も次女といっしょにすぐに眠りに落ちました。

▼同じ日のことをmegが書いた記事はこちら
お家に到着。お土産を渡して、裏庭で遊ぶ。夜はスモア体験!


▼ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

スポンサーリンク



 このエントリーをはてなブックマークに追加   



小学生と行く!親子で短期ホームステイ TOPへ戻る

ayanの親子ホームステイ体験記の最新記事5件

 ⇒カテゴリー記事一覧 ayanの親子ホームステイ体験記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

管理人ayanイラスト画像こんにちは、管理人のayanです。
愛知県在住のフリーランス主婦。夫、小学生の長女と次女、猫3匹と古い一戸建て住宅で暮らしています。
2014年夏にアメリカに親子ホームステイに行ってきました。

記事数 : 46 / コメント数: 16


わらしべ暮らしのブログというライフスタイルブログ、年子姉妹とたのしむ育児という子育てブログも運営中。

カテゴリ

月別アーカイブ

Facebookページはこちら