親子留学のメリットとデメリット

Posted by ayan at 13-12-07

»» Comments(0) 

 

前回、親子留学について書きましたが、一口に「親子留学」といっても、様々な形があります。期間や方法、滞在地が違えば付随するメリットやデメリットも異なってきます。今回は、ほとんどの留学パターンに共通したメリットとデメリットに加え、親子留学に絞った事柄についてもお話します。

親子留学のメリット

親子留学のメリットとしては、第一に滞在地の言語を効率的に習得できる、生の言葉を身近で聴くことができる、言語学習と平行して文化を学ぶことができる、といったことが挙げられます。やはり、日本で塾やスクールのみで学ぶのと、実際に現地に足を運び、滞在しながら学ぶのとでは。大きく異なります。特に現地では現地特有の言い回しや表現など、より自然な、生きた言語を学ぶことができます。親子留学に限った話ですと、そうして現地で学びつつも近くに親がいることで、孤独を感じることを少なくできますし、安心感を与え余計なストレスを感じずに済むというメリットもあります。また、治安面でも心配も、軽減されることでしょう。

親子留学のデメリット

デメリットとしては、まず期間が長くなればなるほど見られる、子供の日本語力の低下が挙げられます。特に小学校中学年くらいまでの子どもの言語習得のスピードはとても速く、ヒアリング、スピーキングは、想像以上の早さで身に付くことも多々あります。その分、日本語力が低下しやすくなってしまうことも事実です。
そのほか、現地に馴染みすぎてしまい、今度は日本の学校や生活に戻ることが精神的に苦痛になってしまう、といったケースもあるようです。親子留学そのものに関しては、身近に日本語を話せる相手がいるということで、現地の言葉を積極的に話す機会が減るということや、もしも親側が現地に馴染めなかった場合どうするか、といったデメリット挙げられます。もちろんこういったデメリットは、工夫や努力次第でメリットに変えてしまうことが可能と言えるでしょう。
もう一点、子ども自身のことではありませんが、親が子どもの留学に付き添うことに伴う、経済的な負担が考えられます。このことは、お子さんが複数人であれば、なおさらでしょう。

まとめ

親子留学最大のメリットは、現地でも、お子さんのすぐそばにお父様もしくはお母様がついていられる事です。日本と海外で完全に離れてしまうよりも、比較的目の届く範囲で学ぶことができる環境は学習にとても適していると言えます。もしものことがあった時でも安心ですし、何よりその子が現地で日々学び、成長していく様子をすぐそばで見ることが出来るというのは、たいへん価値があることではないでしょうか。


留学ジャーナルMOOK
グローバルな子育てを考える 家族のための海外留学読本


▼ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

スポンサーリンク



 このエントリーをはてなブックマークに追加   



小学生と行く!親子で短期ホームステイ TOPへ戻る

親子留学の最新記事5件

 ⇒カテゴリー記事一覧 親子留学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

プロフィール

管理人ayanイラスト画像こんにちは、管理人のayanです。
愛知県在住のフリーランス主婦。夫、小学生の長女と次女、猫3匹と古い一戸建て住宅で暮らしています。
2014年夏にアメリカに親子ホームステイに行ってきました。

記事数 : 46 / コメント数: 16


わらしべ暮らしのブログというライフスタイルブログ、年子姉妹とたのしむ育児という子育てブログも運営中。

カテゴリ

月別アーカイブ

Facebookページはこちら